福岡県大川市で腰痛をはじめ、慢性痛でお悩みの方は中村整骨院へご相談ください!

大川市の中村整骨院は地域支持率NO1!安心してご来院ください。

  1. 大川市の中村整骨院 HOME
  2.  膝痛のお悩み

膝痛のお悩み

変形性膝関節症

膝の痛みの中で最も多い病気は、変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は、膝の関節の軟骨が傷つきすり減って変形し、骨どうしがぶつかったりすり減った軟骨のかけらが周りの組織を刺激して炎症を起こし、痛みが発生します。

この病気は、加齢に伴い起こり、発症には体重や運動、姿勢などが関係していると言われています。

50歳以上の男女、特に女性に多く、40歳代から徐々に増え始めます。 60歳代の女性の約40パーセント、70歳代の女性の70パーセントがこの病気にかかっていると言われています。

変形性膝関節症の症状は、最初は立ち上がるときや歩き始めに痛みが出る程度ですが、 症状が進むと階段の上り下りや正座が困難になってきます。

そして、炎症がひどくなってくると、その炎症を抑えるために膝に水がたまり、腫れてきます。 腫れると動かさなくても膝がだるくなったりうずくようになってきます。 ですから、ひどくなる前に症状を改善させる必要があるのです。

当院では、変形性膝関節症に対して、骨盤のくるいからくる不自然な体重の加わり方に大きな原因があると考え、まず腰を施術して骨盤の位置を正します。

そして、らせんそう流法によってふくらはぎとふとももの筋肉を緩め、膝と足首の調整を行います。

膝を施術するとき、膝だけを施術しても、骨盤や足首を調整しなければ効果が出にくいと考え、全身のバランスを整えるようにしています。

これによって正しい加重ができるようになり痛みが軽減していきます。

それに加えて、ウォーキングや大腿四頭筋(ふともも)の筋力トレーニングをしていきます。

人間の体は、使わなければ衰えることになっています。 その為、動くことができれば少しでも早期に動かし鍛えて行くことで、より早い回復が期待できるのです。

膝に水がたまる

膝が腫れているとすぐに水がたまっている、水を抜いたほうがよいと考える人が多いですが、最近では病院でも以前ほど水を抜かなくなりました。

なぜなら、抜かなくて済むなら抜かない方がよいからです。 水がたまるのは、膝に水がたまった方が体にとって良いと自分の体が判断したからなのです。 腫れているということは炎症を起こしているということなのです。

炎症は熱です。 この炎症を抑えようと膝に水が溜まってくるのです。 ですから、この熱を取ればよいのです。

その為当院では、氷水を使ってこの炎症を取っていきます。 そして、リンパマッサージ、らせんそう流法によるリンパ液の流れ、血流の改善を行うことで腫れをなくし痛みを取っていきます。

また、膝を痛めるということは、骨盤に異常があって体のゆがみから不自然な歩き方や体重のかけ方をしていることがほとんどです。

よって、膝の治療と同時に骨盤及び体のゆがみを取ることにより改善させていきます。

中村整骨院

住所

〒831-0016 福岡県大川市酒見480-5

アクセス

西鉄柳川駅から車で15分
西鉄バス中原高木病院前バス停から徒歩で10分

営業時間

平日 8:30~12:30/14:00~18:30 
土曜 8:30~13:00
定休日:日曜 祝日

0944-88-0827